スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中のドライブ 

タイトル見るとユーミンの歌のタイトルみたいですね。
  ↑
 って言い方が「昭和」ですね~
そんな陽気なタイトルなのですが、行った先はこちら

DSC05703.jpg
夜中だって言うのに、まばゆいばかりの病院。

火曜日、飼い主2が仕事から戻ると吐瀉物がありました。
戻したものとちょっとくだし気味の排泄物はきちんとトイレにしていたので
モモだろうとわかりましたが、その時点でモモはめっちゃ元気。

元気なので、散歩に連れて出ました。
散歩中もいつものハイペースで、前を歩くし引っ張るしで、元気そのもの。
が、途中でやっぱりゆるいものを排泄したのでびっくり。
家に戻ってからおかゆを作って食べさせたのですが
直後に今度はほんとに液状のものを排泄したのでびっくり。
でも、食欲もあったり部屋中駆け回ってるしどうしたものかと。

かかりつけの病院が水曜日休みなので、急遽夜間病院へ。
以前、ケンが弱ってたときにもお世話になった病院です。
その時に診ていただいた、杉本哲太似のごっつい先生に今回もお世話になりました。

「お腹がごろごろ鳴ってるのが確認できたけど
念のためにレントゲンと血液検査をしたいのですが」
と。
原因がわからないのでお願いしました。
結果は・・・
レントゲンにはあやしい影がないことが確認できる。
血液検査はγGTPの数値が範囲を出ているが誤差の範囲。
炎症を表す数値が異常なので胃炎とか腸炎だろう。
とのことでした。
とりあえず、へんなものを飲み込んだ形跡もないようだし
腫瘍とか大きな病気でもないようなのでほっとしました。
原因がわからないのでしばらく様子見。
脱水症状がおきないよう、水分とビタミンと抗生剤と吐き気止めを
点滴(皮下注射)してもらいました。

DSC05704.jpg
帰宅後のモモ。
ぐったりしているわけではありません。
この時点でもう1時をまわっており、眠いにきまってます。

具合が悪かったのは火曜日の間だけで、
翌日の朝、便はちょっとゆるかったものの、
本犬、自分がそんな状況だと気づいてないくらい元気。
もう1回、かかりつけの先生に診てもらう予定ですが
とりあえずほっとしました。

夜間の病院は、ほんとにせっぱつまった動物を連れたご家族が多いと思います。
バスタオルに包まれて抱っこされたわんちゃんがいたり、
小学校低学年と思われる女の子がご両親と一緒にハムスターを連れてきていたり
なんとなくやっぱり重い雰囲気なんですよね。
それと、夜間ということもあってか、診療代が高い・・・。
背に腹は変えられないのですが・・・。
おっとっと、KinKiに3回行けちゃう  ← こらこらっ。
一番つらいのはモモなんだから・・・。
スポンサーサイト

コメント

モモちゃーん、大丈夫~?
どうしちゃったんでしょうね・・・
多少高くても(うーん、Kinki3回分は悩む・・・ あっ、そんなこと言っちゃダメですね(^^ゞ)、
夜間に診てくれる病院が近所にあるのはいいですよね。
ナナの病院は一応緊急時は休診日も診てくれるんですけど、ホントに
緊急なのか
わからない時ってありますよね。
本人はすごく元気だけど、翌日まで待っていいのかどうか迷うときあります。
このまま良くなりますように・・・ お大事にね。

モモちゃん、大事なくてよかったです
我が家も、先代ショパンのとき(最期を過ごしました)、そして、昨年Felizさんがお世話になってます
かかりつけがあっても、車で10分というアクセスの良さは、助かりますよね
夜、悶々として眠れないで過ごすより、ここに駆け付けようが我が家の方針です

少しでもおかしいと思ったら、病院へ連れて行く方が安心ですよね?!
我が家は今の2チーは、夜間診療所のお世話になった事はありませんが
以前にお世話になった事があります。
検査するので医療費は高いですが、処置や薬を頂けると安心しました。
モモちゃん、大事に至らなくて良かったですね?!
寒い時期はワンコも風邪?なのかお腹がゆるくなる事がありますから・!
お大事に!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenshiro5124.blog97.fc2.com/tb.php/1225-cb266fab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。