スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きなケン 

車に接触したケンを夫が抱いて私のところへ戻ってきて
「ケンが死んだ」といいました。
さっきまで元気に歩いていたケンは死ぬわけない。
そんなこと言われたって信じられるわけがない。
夫から渡されたケンは力なく、目も開いたままでした。
でも、病院に連れて行かなきゃ。
私の気持ちは病院へ行くことだけでした。

病院へ行って、診察台に乗せて、ケンの瞳孔・心音を確認した後すぐに
先生が「残念ながら」とおっしゃいました。
そのとき、ようやく現実に直面したかもしれません。

ごめんね、ケン。
守ってやれなくてごめんね。
最後、怖いって思いをいだかせたまま、ケンが死んじゃったことは
とうさんもかあさんも一生悔いても悔いても悔やみきれないよ。
もっともっと一緒に行きたい場所あったのに。
もっともっと一緒に遊びたかったのに。
ケンだって、もっともっと生きたかったよね。

ケン、たった3歳と4ヶ月しか生かせてあげられませんでした。
あんなにいい子だったのに。

家路に着く車中、ケンを抱いていましたが
暖かくて、やわらかくて、この子が死んだなんて思えなかった。

遺体になったケンと一緒にその夜は皆で寝ました。
病院でアイスノンを入れるようにとか、排泄物があるかもしれない
と言われましたが、ケンにその必要がまったくなかった。
傷もなく、体の形も骨が折れたりはしていなかったので
いつもと変わりなく眠っているようでした。

とてもきれいな遺体だったことと、その姿を見るのはつらくて
翌日荼毘に付しました。
人が大好きだったケンのために、
初めてひとりでお泊りをしたおうち、そしてよく遊びに来てくれていた
よっしーがかけつけてくれました。
かかりつけの病院に行ってかかりつけの先生にも頭をなでてもらって
その場所へ行きました。
ケンのひつぎ(と言っても箱でしたが)には
ダイニングの椅子のざぶとんと、私たち二人が使っていたハンカチを1枚ずつと
よっしーからもらったおもちゃ、大好きだったおもちゃ
髪を結んでいる人のゴムをジャンプして取るのが大好きだったので
直前まで私が使っているゴムと、寒くないように洋服、
雨の日も散歩に行かなくちゃいけないからレインコート、
それから、もう2度と離さないようにリードを入れました。

骨になったケンはほんとに小さくて小さくて
こんなに小さいのに、よく頑張ったね。

小さな骨壷に入れてしまってごめんね。

ケンが行った先には義父もいるし、松岡さんちの空ちゃんも同じ弱虫くんだから
仲良くしてもらえるよね。
それから、剛くんを介して知り合った友達もいるから
きっときっとかわいがってもらえるよね。
いつか絶対ちゃんと、とうさんもかあさんもケンのこと抱きしめるから待っててね。

しばらくblogはかけないだろうと気遣ってくれた夫でしたが、
ここまで書けた。
そして、モモがいる。
モモの日々もちゃんと残していきたいのでblogはもう少し元気になったら
モモのこともちゃんと伝えます。

ケン、うちにきてくれてありがとう。
ケン、ケンのおかげでとうさんもかあさんもお友達がいっぱい増えたよ。

ケンを最後に映した写真です。
大好きなおとうさんの後ろを歩くケンは尻尾もあがって
すごくうれしそうです。
洋服、この日おろしたばかりのオニューです。
かあさん自慢の1枚です。
ケン、こんなに嬉しそうだったのにね。
大好きなケン
ケン、ほんとにごめんね。
スポンサーサイト

コメント

No title

そんな・・・全然知らなくて・・・ただ、絶句してます
言葉がでないけど、ケンちゃんの温もりを知る一人として、なにか言わなくちゃ
でも、涙がでちゃって正直なにも言えないっていうのが正直な気持ちです

先代ショパンを亡くした日々、ケンちゃんとモモちゃんが何度も私の日常の中ですれ違って・・・
そのたび、たぶん、私はチワワ飼いになる決意を固めていきました
その頃の私ときたら、人好きなのはどちらだったか?毎度、兄妹の区別もつなかいなか、ささやかな触れ合いの瞬間
ケンちゃんがいつも「僕ですよぉ~」って、スリスリしてきてくれました

虹の橋に逝ったケンちゃん
うちのおじいちゃんショパンにも会ってくれたかな
そうして、僕たち、同じマンションにいたんだね~って、話したりしてるかな
ケンちゃん、いっしょにランに行こうねってママと話してたの聞いてたよね
きっと、いっしょに行くよ、行こうね

パパさん、ママさん、散文にてすみませんです
心より、ご冥福をお祈りしています

No title

ケンくんのご冥福をお祈りします。

No title

あまりにびっくりしてしまって、何て言っていいか、頭が真っ白で・・・
この記事を読んだだけの私でさえ、息をするのが苦しいほど辛いのに、
ママさんたちの悲しみはどれほどか・・・
こんな大変な時に、ナナにお祝いのコメントくださって本当にありがとう。
事故は本当に信じられない偶然が重なって起きてしまうんです。
だからどうかご自分を責めないでください。
そして、モモちゃんのためにも元気になってくださいね。
ケンちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

No title

ケンチャンの訃報をお散歩仲間から伺いました。私たちは本名を伺っていないので、主人がブログを探し当て、今返信している次第です。
私たちがBabyにHoneyを飼ってあげようと決断させたのは、ケンちゃんとモモちゃんに会えたのがきっかけでした。。。そしてその判断は私たちに
楽しい毎日を与えてくれています。
ケンちゃん、本当にかわいかったぁぁ、本当にありがとう。
。。。心よりご冥福をお祈りいたします。
ごめんなさい、涙がとまらなくてうまく書けない。。

No title

初めて 書き込みします
t-nanaさんのとこから・・・ちょくちょく
覗いてました・・・
そして・・・昨年年末まで 大倉山に住んでいて・・
ウォーキングやバイクの教習に向かう時 ケンちゃんモモちゃんの
お散歩コース 歩いてました。

我が家のワンコロ達と一緒の時の遭遇はありませんでしたが
何度か・・ケンちゃん モモちゃん遭遇してまして・・・
とても 可愛いワンちゃんでしたね・・・

ショックすぎて・・なんかうまく伝えられないですが・・・
簡単に・・気を落とさず・・とは・・言えませんが・・

勝手ながら 私の心の中にもケンちゃんが生きていますよ・・

3年でも・・愛情たくさんもらって・・幸せだったと思います!!

ご自分を責めないでくださいね
  • [2010/05/20 18:59]
  • URL |
  • うさぎティアラ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenshiro5124.blog97.fc2.com/tb.php/1287-52d76007

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。