スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お礼 

コメントをいただいた方々、ありがとうございました。
本来なら個別にお返事すべきところ、こちらにて失礼いたします。

MAILをくれた方々、直接声をかけてくれた方々、
ありがとうございました。

お花を贈っていただいた方々、ありがとうございました。

DSC06612.jpg
散歩に連れて行けなくなっちゃったけど、散歩が大好きだったケンは
たくさんのお花に囲まれて散歩気分を味わっていることと思います。

それから、小さくなってしまったケンに会いにきてくださった方々、
話もたくさん聞いていただき、ありがとうございました。

ケン、
ケンがいい子だったから、かあさんと一緒に多くの友達が泣いてくれたよ。
ケンがいい子だったから、かささん、いっぱい励ましの言葉や
力づけてもらったりしたよ。
ケンのおかげだね。

ケンが生きられなかった命の分、
ナナちゃん、てんちゃん、チェリーちゃん、ジョニーくん、
チキートくん、フェリスくん、風ちゃん
お友達の皆、幸せな毎日が一日も長く続くように、
ただただ、お祈りいたします。

モモのこと、あの日からのモモのこともちゃんと書きますので
これからも、よろしくおつきあいください。
タイトルは、このまま「kenmomo日記」で続けていきます。

本当にありがとうございました。

ケンシロウ&母

==============
項をかえて書こうと思いましたがこのまま。

ken0501.jpg
「あの日」のケンの午前中の姿です。
この幸せが当たり前に続いていくと思っていました。

たくさんの言葉をいただいて、嬉しかったし、
いつかは薄らいでいくとわかっていても、心にあいた穴は大きくて。
そこにいたはずのケンがいない。
足元にいたはずのケンがいない。

家族に「ケンの声を思い出せない」と言われました。
私もです。
吠えない子だったので、思い出せないです。
思い出すことはあの日、恐怖で走り出したケンの後ろ姿です。

3年しか生きられなかったのに、足に怪我をおわせたり、
私んとこでは、ケンは幸せになれないって神様が判断したのかな。
どんなつらいことも、あの時のケンのつらさや痛みを思えば
全然たいしたことない。

ケンの写真がこれ以上増えないことも、つらいけど
ケンのほうがもっとつらかったんだから。

ケン、ごめんね。
ケン、うちの子になってくれてありがとう。
やっぱりかあさん、しばらくはケン思って泣いてるよ
ケン、だから、ケンはモモのこと見守っててね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenshiro5124.blog97.fc2.com/tb.php/1288-b9aa63a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。