スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お花を持って 

またひとつ、悲しい事故が起きました。

近くに住む心ちゃん。
交通事故で亡くなりました。

心ちゃんの名付け親であるお嬢さんとお散歩中、
ふとしたはずみから、首輪からすり抜け走りだした瞬間だったそうです。

目の前で遭遇してしまったお嬢さんの心の痛みを察するにあまりあります。
お母さんは、お嬢さんの痛みが大きいこともありますが
やってやれなかったことがないので後悔していないと
明るく話してくださいました。
が、心臓が胃の中に入るような痛みがあり、ご飯がのどを通らないと。
これは、たぶん、どこの家でも同じような痛みを感じていると思います。

ケンのことを知って、すぐに駆けつけてくださったここちゃんママさん。
私もすぐに…と思っていたのに、遅れてしまいました。

DSC07150.jpg
小さくなった心ちゃんに会いに、おうちへ伺いました。
元気づけてあげる言葉をかけるよりも、むしろ私のほうに「元気になった?」と
声をかけていただきました。


私も、そんな風に思えたらよかったでしょうね。
ケンにしてあげられなかったことのほうがいっぱいで、
後悔ばかりの毎日を、ここちゃんママに心配してもらって…。



このことを飼い主2、夫に話しました。
すると、夫。
カラーのジョイントがはずれないか心配。
リードとカラーがちゃんとつながっているか心配。
首輪じゃ心配だから胴輪じゃないと心配。
伸縮が弱くなってたら心配。

と、次から次へとあれこれあれこれ。
お嬢さんと同じつらい思いをしているのでわからなくもないですが、
これじゃ、どこにも行けない。
散歩もままならないよ~。

でも、悲しい事故が起きないように、できる限りのことを
皆で心掛けたいと思います。

ここちゃんのご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト

コメント

No title

心ちゃんのご冥福をお祈りします
ワンとの暮らしの中では、毎日繰り返す日常の些細なことが
時に、とんでもないことになってしまいますね
心ちゃんのママさんのように「やることはした」といえるように、
一日一日を過ごすことが大切なのだと思います
先住犬のときですが、病気の犬をもつと、まさに、そんな一日になるものでした

モモちゃんのパパさんのご心配は、ごもっとも・・・
今は、いろいろなものが簡単に手に入る時代
とはいえ、まずは、ワンのQOLに必要にして十分なものであり
彼、彼女、の日常の活動をわかりすぎている飼い主の思いに
ぴったりのものを選ぶのがいちばんですよね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenshiro5124.blog97.fc2.com/tb.php/1332-0d99c9b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。