スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物を飼うということ 

犬と私の~を読んでいることもあるのですが、
毎週一緒にランチをしている友達との話。
その友達の家には4猫ちゃんがいます。
もう昔からの友達で、一番年上のにゃんちゃんは16年前から彼女の家にいます。
迷い猫だったので推定3歳だったらんちゃんは19歳。
そのらんちゃんが先週の日曜日に他界しました。
末期には友達は一緒にいられなかったそうです。
お母さんが看取ったそうです。
彼女にとって、見送るのは2度目だとのことで、最初に看取った子のあと
しばらく泣いて泣いて仕事にも影響したとか。
そのときに比べれば一緒にいれなかったことはかわいそうだけど
今回影響しなかったとか。

難しいですね。
大事に思っている気持ちに変わりはないんですけどね。
にゃんちゃんは最期、人に見られないように人知れず外に出て行くそうですが、
足元がおぼつかなかったらんちゃんは家の中でお母さんに見守られ逝ったそうです。

それから、今日、夜の散歩のとき、久しぶりにベイビーちゃんママに会いました。
少しお話をしたのですが、
ベイビーちゃんもハニーちゃんも今週末避妊の手術をするそうです。
うちも、ケンモモに施術をしていることを告げると、どうでしたか?ときかれて
ケンのときには預けた夜一人で泣いていたことを話したら
ベイビーちゃんママも「私も絶対泣いちゃう」って言ってました。

動物の寿命のほうが短いことを承知の上で家に迎えるわけです。
そして、この子たちには私しかいない、そう思って大事に時を過ごしていかなくては。
この子達が私たちを選んだんじゃない。
私たちが選んだわけですから。


ま、いまさらなんですけど、今考えていることを書いてみました。



ケン
膝に乗って完全に力抜いてます。
200806022147000.jpg


モモ
この子は膝に乗って甘えることになれていないので
200806022149000.jpg

椅子から乗り出してます。

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ明日、雨かな?散歩、がんばろうね!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenshiro5124.blog97.fc2.com/tb.php/476-d3562b60

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。